今、iPhone市場が熱い

iPhone6が発売された事で、iPhoneの利用者はますます増加し、その影響を受けてアップルの電子書籍ストアである、iBooksストアが急激に成長しています。その理由は、iPhoneやiPadを買った時にすでにiBooksのアプリがインストールされているからです。なので、アプリをわざわざ探してダウンロードするという手間がない事からiBooksストアの利用者が急増しているのです。

 


 ライバルが圧倒的に少ない

iBooksストアの書籍は大手のコンテンツばかりが並んでいます。なぜなら、個人が参入するのは難しいからです。何が難しいかと言うと、基本的に全ての作業が英語でのやり取りという事と、電子書籍ファイルもKindleと比べ複雑なファイル形式となるため、そう簡単には配信できないからです。したがって、Kindleと違い個人作家がほとんどいないため、配信しただけでライバル不在のブルーオーシャン市場へ参入できるので、圧倒的な差別化を実現する事が可能です。

 

 

 

 

 


Kindleとの決定的な違いとは?

iBooksストアとKindleストアの違い、それは、ずっと無料配信できるという点です。Kindleで無料配信するにはキャンペーンを行うしか方法がなく、しかも、最大でも5日間しかできません。一方でiBooksには期限はなく、ずっと無料配信できるので、多くの人に書籍を読んでもらう事が可能です。これはほとんどの人が知らないレアな情報です。この仕組みを活かせばビジネスは飛躍的に進化するでしょう。※もちろん有料配信もできます。

 さ・ら・に

iPhoneからは、“Kindleの電子書籍は買えない”という事実をご存知ですか?これは、“アップル社のユーザーを囲い込む戦略”なのですが、自社の電子書籍ストアの利用率を高める為に、Kindleアプリ内で、直接書籍を購入する事はできない様に制限しているのです。そのため、iPhoneでKindleの電子書籍を読むにはパソコンや別ブラウザで購入して、同期させて読まなければいけないので、iPhoneユーザーはKindleよりもiBooksを利用するのです。

 


利用者は増加しているがライバルがいない

下の※1グラフをご覧頂くと、iPhone利用者が69.1%とスマホシェアの半数以上を占め、様々な端末があるAndroidに比べて圧倒的に支持されている事が分かります。また、電子書籍ストアの利用率においてはKindleが55.2%となっており、iBooksは劣勢となっていますが、この※2データは2013年のものとなっておりますので、現状はiBooksの利用者も増加してきています。利用者は増加していてるのに参入障壁の高さからライバルが少ないというとても魅力的な市場(ブルーオーシャン)となっています。※1カンタージャパン調べ  ※2インプレスR&D調べ

 

 

 


  iPhoneのブランド力を借りる

日本人はiPhoneが大好きです。なぜならアップルには圧倒的なブランド力があるからです。バックで例えるならiPhoneはルイヴィトンであり、持っていてカッコいいのです。そのiPhoneの中にあなたの書籍が売られているというだけで、周囲からのあなたに対する信頼度はグンと上がりますので、「iPhone」という絶対的ブランド力を借りて一気にビジネスを飛躍させて下さい。

 


 iBooksで売れる本とは?

iBooksで売れている本は、ずばり「漫画」です。その次に売れているのが「ビジネス書」「自己啓発書」です。ランキングの多くは漫画で占められているのですが、そのランキングの中に唯一食い込んでいるのがこの2つのジャンルです。売れる価格帯についてはKindleと同じように300円以下となっています。※無料であれば小説などのジャンルも多くDLされます。

 


 iBooksストアへ配信するメリット

・iPhone/iPadユーザーへ電子書籍をアピールできる

・約3,000万人の市場へ著書を配信できる

・iPhoneやiPadからダイレクトに購入できるため、ユーザーがスムーズに電子書籍を購入できる

・ライバルが圧倒的に少ないの同業者と差別化できる

・「アップル」というブランド力を借りる事ができる

 


 そんな「 iBooksストア」へ配信を代行します

そんな激アツなiBooksストアへあなたの本を配信します。ご要望が多かったサービスなので、満を持してのリリースとなります。アップルというブランド力の高い市場へあなたの名前を売り込みましょう。

 


料金について

iBooksストアへの配信代行費用は10万円です。参考までですが、ネットで「iBooks 配信代行」などのキーワードで検索していただければお分かり頂けますが、iBooksへ配信するサービスは他にありませんので、(あくまで私が検索した結果です。)かなりレアなサービスです。 

 

 


配信までに要する期間について

iBooksストアに配信するためのアカウント取得や、審査を含めると約1ヶ月かかるとお考え下さい。これは、Kindleストアと違い、審査に数週間かかる事があるためです。※早い場合は数日で配信されるケースもあります。

 

 ※プロのデザイナーが表紙もデザイン致します。


お申し込みについて

先行販売価格でのお申し込みは下記のボタンからお願い致します。なお、ペイパルによるクレジット決済にも対応しておりますので、決済後にリボ払いへ変更する事で分割決済にも対応しております。

 

iBooks配信代行 

 


原稿がまだない方について

原稿がない場合も、先にお申し込みとご入金をすませていただければ、将来原稿が出来上がった時に配信させていただきますので、先行販売価格でのお申し込みをお勧めします。

 


最後に

すでにKindleストアへ配信されている方も、Kindleを利用しないiPhoneユーザーにアプローチする事になりますので、販路の拡大につながりますし、新たなファンを獲得する事が可能です。また、あなた自身、もしくはあなたの周囲の友人や仲間はiPhoneを利用していませんか?iPhoneの新作がリリースされると多くの人がフェイスブックなどで購入したという記事を投稿していませんか?一方で、Android端末の新作を買ったからといって誰もフェイスブックには投稿しません。

 

それだけ日本人にとってiPhoneを持っている事はステータスであり、自慢なのです。

 

そんなiPhoneをこよなく愛すユーザー達は、毎日iPhoneの画面とにらめっこしています。そのホーム画面にiBooksは標準でインストールされているので、1日に一体どれほどの人がiBooksへアクセスしているかは想像するだけでも尋常ではない数字だという事がお分かりいただけると思います。

 

そんな市場へリリースできるのは非常に大きなチャンスです。

 

今、あなたの目の前にチャンスが訪れています。先行者利益をぜひ獲得して下さい。幸運の女神は前髪しかありませんのでこのチャンスを逃さないで下さいね。


 販売者プロフィール 

スクリーンショット 2014-12-12 14.48.51

自己紹介が遅れ失礼しました。 電子書籍コンサルタントの三星タツヤと申します。

以前は、営業会社でセールスや顧客マーケティングに ついて学んでいました。

しかし、ある日突然会社が倒産してしまい、 それをきっかけに起業しました。

現在は、得意のWEBスキルを活かして店舗集客や 電子書籍のプロデュース、インタ

ネーットマーケティングを 行っています。

 

 

 

〜私と電子書籍との出会い〜

 

ある日、何気なく立ち寄った本屋で1冊の本を買いました。 その本の一節に「利他の心」という言葉について触れられていたのですが、 私はその内容を読んでとても感動し、たった1冊の、しかも数行の文章によって自分の人生観を 大きく変えられてしまったのです。その「利他の心」とは・・・

 

「自分の幸せばかりを考える人は決して幸せにはなれない。 他人を幸せにした人が幸せになれるんだ。」

 

というような内容でした。当たり前の事かもしれないけど、当時の私にはとても心に響き、 今まで自分中心で生きてきた事に気が付いたと同時に、今後の生き方の指針となる言葉になりました。 この経験から、たった1冊の本が、人の考え方や人生をも変えるパワーを持つという事を知り、 本に関わる仕事がしたい!と思うようになり、結果として電子書籍に行き着く事となりました。

 

〜他人の人生に関わる仕事〜

 

本の出版に携わるという事は、本を書く人と、その本を読む人の人生に関わる仕事だと思って います。これを読んでいるあなたは本を出す人になる訳ですが、あなたが書いた文章で、他人の人生 に影響を与える事ができるのです。素晴らしいですよね。そんな出版のお手伝いを出来る事を私は 誇りに思っています。ご依頼いただいた際は、精一杯尽力致しますので安心してお任せください。

 

 

 

 

 

 

 

特定商取引法の表記