責任者の心得責任者の心得

カテゴリ:ビジネス
配信日:2015年3月25日
著者:

非常識な保育園経営非常識な保育園経営法

カテゴリ:ビジネス
配信日:2015年3月18日
著者:

発達障害育児ストレスから解放される発達障害育児

カテゴリ:健康
配信日:2015年2月1日
著者:澄川綾乃

儲かる介護保険儲かる介護保険

カテゴリ:ビジネス
配信日:2015年3月5日
著者:中村隆

happy_cover幸せに生きるための12の言葉 ~ウツのド・・・

カテゴリ:健康
配信日:2015年2月28日
著者:小石川真実

本当の自分らしさを発揮する生き方~自分らしさを貫いたリーダの話〜


cover2

■ 詳細


筆者:西城達也
カテゴリ:自己啓発

ご購入はこちら

 

■ 書籍内容

この書は、組織のリーダーとして日々問題や課題に
立ち向かっている人へのエールのメッセージです。

いわゆるサラリーマン的にではなく、
本当の成果と貢献を目指すビジネスマンとして、
組織のなかで本当の自分らしさを発揮しながら自己成長をし、
自己実現を目指そうとする人へのメッセージです。

組織のリーダーであれば、単なる歯車としてではなく、
主体的に自立したリーダーとして自分らしさを発揮し、
そのことで組織に貢献して成果をあげ、
自己成長をしながら自己実現を計るためにもつべき
ブレない判断と行動の基準は何か。

それは、自分に対して天から授かった
「自分らしさ」とは何かをよくよく追求し、
どんな状況にあってもその状況を有り難いと受けとめ、
そのなかに自分らしさを活かす機会を見つけ、
自分らしい人格を刻み込んで行動を起こすことにあるのではないか。

自分ではコントロールできない人の思いや評価について、
いちいち気にかけて思い悩まず、まずはそのことに専念するのです。

自分の強みを知りそれを生かすということです。

もちろん組織のリーダーとして、成果をあげる能力を高め、
真の貢献と成果を目指すことが大前提です。

「未見の吾」という言葉があります。

それは、このようにして自分らしさを発揮し続けた延長線上にあるであろう、
昨日までの自分とも、今日の自分とも違う「自分らしさ」のことです。

組織のリーダーであれば、今以上に自分の強みを発揮している、
未だ見ぬ自分の姿です。

かくて、55歳になった私は、そのような考え方をもとに、
ビジネスマンとしての最後の5年間を、ただ目の前の事をこなし無難に過ごす、
いわゆる“大過なく”では終わりたくないと真剣に考えました。

そして60歳の定年までを「5年間のラストラン」と名付け、
その5年間で、仕事上やるべき課題とは別に、
同僚や後輩たちにそれまでに培ってきた知識、経験、考え方、ノウハウを
ひたすら伝え続けようと決心しました。

それは、まさにあっという間の5年間でした。

そしてそこで授かった最も大切なものは、
自分自身を信頼し、他者を敬い、どんなことがあっても
今日という一日を充実させて前に向かおうとする心でした。

この書は、そのような5年間の体験と、
ビジネスマンとしてそれまでに培って来た、
組織のリーダーが身につけておくべき考え方を取り上げています。
私はそのことが、組織のリーダーとして本当の自分らしさを発揮して、
充実して生きるヒントになると確信しています。


★ 目次 ★================

第1章 5年間のラストランへのプロローグ
1.私の生い立ちと、ビジネスマンとしての歩み
2.最初の5年間のラストランへの直接のプロローグ

第2章 「5年間のラストラン」のスタート
1.個人も組織も、「自立」と「自律」を身につけることが成果をあげる基本
2.信頼できるリーダーの最も基本的な資質は真摯さ

第3章 自らの判断と行動の確たる基準を持つ
1.まず初めに、「人間として生きる」ということの意味づけをする
・「天命」「宿命」「運命」とは何か ・人は、天からの「封書」を授かって生まれてくる 
・人生の3つの出会い
2.一回限りの人生を本当の自分を輝かしだして生きる
・二度とない人生をどのように生きたら、本当にこの世に生まれて来た甲斐があるのか
3.判断と行動の基準を新しい次元に変化させる
・「何によって憶えられたいか」との思いは、年齢と価値観の変化に応じて変わっていく
4.「人間学」をベースにおいて物事を解釈する
5.今日という日を新鮮に生きる
・私にとっての「今日もいい日でありますように」
6.「志」をもち、それを日日実行し続ける
・私の部屋の、机の前の壁の言葉

第4章 継続は力・徹底は強さ
1. 飛躍は突然おとずれ、その時に「分かるの扉」が開く
2.身についた判断と行動の基準をゆるぎないものとして伝え続ける
3.店舗でストアマネジャーに伝え続けてきたこと
4.ドラッカーのマネジメント理論 (ドラッカーと私)
5.「途切れることなく、まとまった長い時間を費やす」ことも、「継続は力」の大切な切り口

第5章 5年間のラストランを走り終えて思うこと
1.父への感謝
2.人生は螺旋階段のようなもの

終わりに
著者プロフィール

西城達也

1951年(昭和26年) 宮城県・仙台平野の南の方の町で生まれる

東北学院大学を卒業し、卒業と同時にジャスコ(株)(現イオン(株))に入社
50歳を前に(株)イオンファンタジーに異動。株式上場のためその基準となる
規程・マニュアル作成に携わり、その後60歳の定年まで勤める
ジャスコでの主なキャリアは「教育訓練・能力開発部門」「店舗営業」「業務改革部門」
何店舗かの店長、教育訓練部長、能力開発部長、業務改革部長を歴任
イオンファンタジーでは取締役業務改革部長、業務監査室長を歴任

イオンファンタジーを定年退職後、「一人のヴィアトール事務所」を設立運営

ドラッカー学会会員

「一人のヴィアトール事務所」 の主な活動
・ドラッカーのマネジメント理論に基づくミドルマネジメント人材育成支援
・意思決定(TM法)セミナーインストラクター
・小売業店舗の組織開発、人材育成支援
・ブログ「 いつでも5年間の Last Run 」 の内容も含めた関連講演

ブログ「 いつでも5年間の Last Run 」(ニックネーム:一人のヴィアトール)
http://ameblo.jp/5lastrun